TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
54歳 女性 個人事業主(自営業)
家族構成
月の手取り(被保険者)
〜20万円
月の手取り(配偶者)
万円
世帯支出
〜20万円
世帯貯蓄
500万円以上1000万円未満
住環境
持ち家
喫煙
喫煙
相談きっかけ
その他
現在加入している
保険の内容
終身で年間10万を超えていたのを見直して3年前に年間2万以下に変更しました。
相談事情
生命保険は死ぬまで効力があると思っていたら、満期があったので満期から、死ぬまでの間はみなさんどうしているのか疑問、というか今からでも適切な保険を知りたい。
月額保険料
5000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 未婚で一人暮らし。他県に兄弟はいるも両親はすでに他界している前提。
  • 病気やケガに対しても自力で何とかする。
  • 将来の介護についても備えたい。兄弟に面倒かけたくない。
  • 保険料は将来も上がらない保険にしたい。
  • 保障が一生涯確保できるのなら保険料を払い続けてもかまわない。

大事にすること

  • 万一のことがあっても人に迷惑はかけないよう葬儀費用とか末期の医療費とか、最低限の死亡保障は確保したい
  • がんや3大疾病など医療保障については充実させたい。
  • 死亡保障も入院保障も保険期間は満期の無い終身型としたい。
  • 払い込み期間は終身でもいいから月々の負担はおさえたい。
  • 将来にわたって保障が目減りしないよう、長期的な物価変動にも備えたい。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
変額保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 終身
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
一律20万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
インフレヘッジに強い変額終身保険で葬儀費用を確保する。

[医療保障]
がんや女性疾病には入院日額5000円プラス。
[追加すべき保険]特定の要介護状態になったら介護年金が支払われる介護費用保険。
月額保険料 15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 扶養しなければならない家族はいないものとする。
  • 大きな死亡保障は必要ない。
  • しかし、葬儀関連費用は準備しておきたい。
  • ご自身の医療保障もある程度確保する必要がある。
  • 医療費がかさむガンへの備えも考えておきたい。

大事にすること

  • 自分のための保障を中心に考える。
  • 万が一の保障は、最低限あればよい。
  • 更新がなく、保険料が変わらないタイプを選択する。
  • 公的医療保険では賄えない先進医療特約は必須。
  • 必要な保障を、なるべく少ない

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
5000円/日
手術時
2.5・5万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
満期がない保険料トップクラスの終身保険

[生活保障・家族収入保険]

[医療保障]
交通費等も出る先進医療特約つき
ガン診断時には一時金100万円
3大疾病・要介護・特定障害状態で保険料免除
※手術給付金 集中治療室管理時10万円
[追加すべき保険]
特になし
月額保険料 15000円以上〜20000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる