TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
51歳 男性 公務員・団体職員
家族構成
子供: 2 人
月の手取り(被保険者)
31〜35万円
月の手取り(配偶者)
万円
世帯支出
31〜35万円
世帯貯蓄
50万円未満
住環境
賃貸
喫煙
禁煙
相談きっかけ
その他
現在加入している
保険の内容
加入していない
相談事情
私に万が一のことがあった場合に残された子供のために、どんな保険が必要かを教えて欲しい。ただ、まだまだ学費がかかるので、できるだけ保険料は抑えたい。
月額保険料
未加入

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 子供たちには母親がいないので、私に万一のことがあったら生活に困窮する。
  • 2人の子供とも大学進学希望。
  • 田舎に実家があるので将来(定年後)は田舎でのんびり暮らしたい。
  • 定年は65歳、それまで賃貸で購入予定はない。
  • 万一のことだけでなく、病気やケガで働けないときのことも心配である。

大事にすること

  • 自分が亡くなっても子供たちが大学を卒業するまでの生活に困らない程度の保障が欲しい。
  • 入院や手術の備えは一生涯のタイプとしたい。
  • がんとか生活習慣病とか、長期療養が一番心配である。
  • 妻がいないが将来とも子供に迷惑はかけたくない。
  • 掛け捨てでもいいから極力保険料は抑えたい。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
定期保険 保証額 保証期間 支払期間
500万円 65歳 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
20万円 61歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
死亡一時金として最低500万を割安な定期保険(掛け捨て)で。
[生活保障・家族収入保険]
遺族年金で不足する分は合理的な収入保障保険で。非喫煙者の割引がある会社を選びたい。
[医療保障]
終身医療保険。
[追加すべき保険]
月額保険料 15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 必要な生活費は30万円
  • 遺族年金で月額12.3万円
  • 下のお子様が独立するまで
  • 就業不能時の保障も考え
  • 医療保障もある程度を確保する必要あり。

大事にすること

  • 最も学費がかかる時期な
  • お子様が独立するまでの
  • 3大疾病などのリスクにも
  • 先進医療などの医療保障
  • 貯蓄性は考えず、安い掛

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
保証額 保証期間 支払期間
万円
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
10万円 65歳まで 65歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
3000円/日
手術時
3・6・12万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]

[総合収入保険]
死亡保障+要介護状態・特定障害状態もカバー

[医療保障]
先進医療特約つき
3大疾病で保険料免除

[追加すべき保険]
特になし
月額保険料 5000円以上〜10000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる