TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
54歳 男性 個人事業主(自営業)
家族構成
月の手取り(被保険者)
31〜35万円
月の手取り(配偶者)
万円
世帯支出
31〜35万円
世帯貯蓄
50万円未満
住環境
賃貸
喫煙
禁煙
相談きっかけ
老後に活かせる保険を検討
現在加入している
保険の内容
細かいことは保険証書が手元にないから分からない。
相談事情
高齢独身子供無し、配偶者候補を探してはいるが見つからずこのまま独身でいることになった場合誰に保険金が渡るようにするのがベストか、また自身の老後対策として使える保険はないのか。
月額保険料
20000円以上〜25000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 現在加入中の保障内容の詳細が不明のため、現在の保険契約の解約を前提とする。
  • 現在独身子供なしなので死亡保障はお葬式費用程度であるが、今後の結婚も考慮し葬儀費用プラスαで考える。
  • 手取り収入32万円に対して支出21万。その差額を貯蓄と保険料に充て、保障と老後資金を準備する。
  • 医療保障は、終身保障が続くものにする。がんの保障も考慮に入れる。
  • 保険料の払込期間は、65歳の退職までが理想であるが、54歳の年齢を考えると医療保障は終身払いとする。

大事にすること

  • 老後に活かせる保険を準備する。
  • 現在の貯蓄高が50万円であるため、公的年金収入で足りない老後資金を確保する。
  • 医療保障とがん保障については、ある程度の保障を確保しながら、保険料を極力抑える。
  • 保険料の払込期間は、終身保険は退職までとし、医療保障は、老後も支払い可能な金額で設定する。
  • 現状の生活レベルを継続できるように生活費支出21万円を確保する。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
2000万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
一律20万円
終身 65歳まで
その他補足 [死亡保障]
年金や介護にも対応できる低解約返戻金型終身保険
65歳での解約返戻金 約1,565万円

[生活保障・家族収入保険]
必要なし

[医療保障]
60日型・先進医療にも対応

[追加すべき保険]
医療保険の上乗せ保障としてがん保障。診断一時金100万円〜200万円
月額保険料 30000円以上

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 保険金の受取人のメインを自分とする
  • 罹患率の高い三大疾病のリスクヘッジ
  • 貯蓄を重視
  • 更新による値上がりはしないもの
  • 病気やケガによる入院時、在宅療養時の収入減や治療費をリスクヘッジ

大事にすること

  • 3大疾病時には生前に保険金を受けとることができる商品。
  • 事業資金等借入金の現在/将来の有無も考慮し、生前保険金額を設定する
  • 生前に受取ることができる保険金額には、住宅の賃貸費も考慮する
  • 3大疾病保障は貯蓄率の高い商品を選択
  • 個人事業主の場合、入院時や療養時には、所得の補償と治療費の保障を

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
3000万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
特定疾病保障終身保険。死亡・高度障害・3大疾病の所定の症状に対応
貯蓄性の高い商品で、合理的に老後の生活費等の資金準備
[医療保障]
長引く可能性の高い生活習慣病での入院はプラス60日の延長保障
先進医療に対応 保険料は安価に
[追加すべき保険]
所得補償保険 月額20万円程度
月額保険料 30000円以上
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる