TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
39歳 男性 会社員
家族構成
月の手取り(被保険者)
51〜70万円
月の手取り(配偶者)
万円
世帯支出
51〜70万円
世帯貯蓄
500万円以上1000万円未満
住環境
持ち家
喫煙
喫煙
相談きっかけ
その他
現在加入している
保険の内容
詳しい内容は不明
相談事情
若い頃に入った保険をダラダラと続けており、無駄があるのではと気になっているが、ライフプランナーがいつも忙しいときに来るので話を聞けていない。
月額保険料
15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 独身のため、死亡保障は不要。葬儀代として300万円もあればよい
  • 貯蓄額から考慮すると、万が一の目的のための生命保険は不要。
  • 現在の状況からすると、終身保険と医療保険があれば十分といえる。
  • 仮に現在加入されている保険が更新型の場合、今後保険料が増えるので見直しの必要あり
  • 終身保険の金額が少なく、掛け捨て部分が多い場合は老後を見据えて見直しを

大事にすること

  • 終身保険は貯蓄機能があるため、短期で払い込みが終了するものがお勧め
  • 医療保険に関して、最低限の保障と先進医療がついていれば安心できる
  • 今後インフレが否定できない場合には、運用で保険金額も解約返戻金も増える積立利率変動型終身保険がお勧め
  • 現在の保険を活かしつつ、保障(老後資金)を確保したい場合には、定期保険(98歳満了など)も検討すべき
  • 掛け捨ては医療保険だけにとどめ、終身保険や定期保険の貯蓄機能を使うと無駄がない

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
利率変動型積立終身保険 保証額 保証期間 支払期間
1000万円 終身 50歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
一律20万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
死亡・高度障害さらに老後資金として使える積立利率変動型

[生活保障・家族収入保険]

[医療保障]
入院日額10,000円+先進医療特約

[追加すべき保険]
月額保険料 30000円以上

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • しばらく独身のままとする。
  • 扶養すべき親や親族はいないものとする。
  • 65歳まで働くものとする。
  • 日本人の3分の1はがんを患うので、そのリスクヘッジを。
  • 3大疾病を患うケース多く、そのリスクヘッジを。

大事にすること

  • 独身なので、死亡保障から医療・年金保障へシフトする。
  • 終身保険を2口にして、1口は葬儀代程度とし、もう1口は年金代わりに利用する。
  • 先進医療対応も考慮する。
  • 介護年金や年金を選択できるものを考える。
  • 支払は働いている間に終了する。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
200万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
一律20万円
終身 65歳まで
その他補足 [死亡保障]
低解約返戻金型
[生活保障・家族収入保険]

[医療保障]
60日型(七大疾病入院120日型)、先進医療対応
[追加すべき保険]
60歳まで死亡保障、60歳から介護年金、年金、医療保障+死亡保障の3通りが選択できる。
月額保険料 20000円以上〜25000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる