TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
43歳 男性 会社員
家族構成
月の手取り(被保険者)
21〜25万円
月の手取り(配偶者)
0万円
世帯支出
21〜25万円
世帯貯蓄
1000万円以上3000万円未満
住環境
持ち家
喫煙
喫煙
相談きっかけ
老後に活かせる保険を検討
現在加入している
保険の内容
なし
相談事情
個人年金の予定利率が、低いので解約して、より貯蓄性のある(利回りの良い)保険があれば入り直したいのですが。
月額保険料
未加入

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 老後の資金を貯めたいのであれば、個人年金だけでなく、違う金融商品も検討しましょう。
  • 予定利率は、加入した時期によりますが、どのくらいなのでしょうか?
  • 個人年金でということであれば、変額年金や外貨建個人年金の方が利回りは期待できます。
  • 老後に活かせる保険ということであれば、一定額の死亡保障の確保の目的で、終身保険を。
  • 医療保障もある程度を確保する必要があります。

大事にすること

  • 変額年金はリスクを伴うので、商品の内容はしっかり理解すべきです。
  • 銀行の預金と同様に、今は元本保証のある保険商品の利回りは低いです。
  • 定額年金は、リスクはありませんが利回りは低い。リスクと利回りのどちらを選択するかです。
  • 死亡整理資金として、又お金が必要になった時に解約して利用できる終身保険に加入してはどうでしょうか?
  • 医療保険は、終身タイプで、できれば三大疾病(特にがん)の保障もついているものを。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
利率変動型終身保険 保証額 保証期間 支払期間
500万円 終身 終身
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足  「追加すべき保険」  三大疾病保障保険
月額保険料 15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 扶養しなければならない家族はいないものとする。
  • 大きな死亡保障は必要ない。
  • 住宅ローンはないものと考える
  • 医療保障は終身タイプで備える
  • 健康状態は良好で加入条件に制限はないものとする。

大事にすること

  • 万が一の保障(死亡保障)は葬儀費用程度で。
  • 更新タイプは避け、支出を計画的に把握する。
  • 自己負担額がかさむ(先進医療・ガン)に対しても備える。
  • 低解約型の死亡保障を短期払いにして、戻り率をUPさせる。
  • 死亡保障に代えて老後の生活資金(年金)としても利用可能なタイプで準備。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
500万円 終身 48歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
5000円/日
手術時
5・10万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
低解約払戻金型。死亡・高度障害・3大疾病の所定の症状に対応
[医療保障]
特約で先進医療・ガンにも対応
[追加すべき保険]
特になし
月額保険料 10000円以上〜15000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる