TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
35歳 男性 個人事業主(自営業)
家族構成
配偶者:35歳 主婦(主夫)
月の手取り(被保険者)
46〜50万円
月の手取り(配偶者)
0万円
世帯支出
46〜50万円
世帯貯蓄
1000万円以上3000万円未満
住環境
賃貸
喫煙
喫煙
相談きっかけ
保険の更新時期が近づいている
現在加入している
保険の内容
[主契約]終身保険 200万円 保険期間:終身 払込期間60歳[特約]入院医療特約 入院日額1万円 手術給付金 10.20.40.80万円入院5日以上で日額2万円入院の前後の通院で日額4,000円先進医療特約1〜500万円
相談事情
飲食店を営んでいますが、店はそこそこ繁盛しています。生活的に厳しいわけではないのですが、保険料が高く感じます。しかも内容がよくわかっていません。プロの目で、これが適切という内容を教えてください。
月額保険料
25000円以上〜30000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 必要な生活費は28万×70%=20万/月とする
  • 遺族年金は考慮せず現在の生活を維持
  • 住まいに関してはこのまま賃貸に住み続けるとする
  • 病気と闘う費用として、入院や手術に対する備えも健康なうちに準備する。

大事にすること

  • これから必要な生活費、老後資金などの必要保障額を明確にして、目的別に加入
  • ご主人が働けなくなり、収入がなくなった時の補償を考える必要あり
  • 退職金の代わりになるような貯蓄性の高い保険を準備
  • 住宅購入や、家族が増えたり、生活環境が変わったら見直しはした方がよい。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
定期保険 保証額 保証期間 支払期間
3000万円 99歳 70歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
20万円 70歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
15000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
保障と貯蓄(退職金として活用)、長期定期保険

[生活保障・家族収入保険]
住宅を購入した場合、保障額を見直す必要あり

[医療保障]


[追加すべき保険]
家族が増えたら、教育費や学資準備金になる保険を準備
月額保険料 25000円以上〜30000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 必要な生活費は50万×70%=35万円/月
  • 死亡だけでなく、現役世代の大病(3代疾病)による収入減のリスクヘッジを
  • 必要であれば住宅を購入されるまでの住宅資金の準備を。考え方をご案内いたします。
  • 長期入院による収減のリスクヘッジを。現在の手取り給料から逆算して無駄なく準備
  • 飲食店を経営されているのであれば、その業種なりのリスクを回避出来るものを加入する必要があります。

大事にすること

  • 事業にも役に立つ形の保障を確保します。
  • 現役世代の大病による長期入院や療養期間の保障を確保することが大切です。
  • 医療保険は高度先進医療にも対応した最新の保険を準備。
  • 保険料は更新のない定額のものを。
  • 万一の際は事業資金に。無事の際も支払金が無駄にならず将来の退職金にもなるシンプルでわかりやすい商品を

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
3000万円 終身 終身
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
30万円 60歳まで 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
20000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
特定疾病保障終身保険

[生活保障・家族収入保険]


[医療保障]高度先進医療


[追加すべき保険]特定疾病保険
月額保険料 30000円以上
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる