TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
32歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:33歳 主婦(主夫)
月の手取り(被保険者)
26〜30万円
月の手取り(配偶者)
0万円
世帯支出
26〜30万円
世帯貯蓄
100万円以上300万円未満
住環境
持ち家
喫煙
喫煙
相談きっかけ
今の保険内容に不安を感じている
現在加入している
保険の内容
[主契約]終身保険 200万円 保険期間:終身 払込期間60歳[特約]入院医療特約 入院日額1万円 手術給付金 10.20.40.80万円入院5日以上で日額2万円入院の前後の通院で日額4,000円先進医療特約1〜500万円
相談事情
新卒のときに、会社に出入りしている保険のおばちゃんに勧められてはいりました。その時は、社会人になったし、とりあえず入ればいいと思ってましたが、保険内容をよくわかっていない為か、非常に不安に感じています。
月額保険料
20000円以上〜25000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 必要な生活費は25万×70%=18万/月とする
  • 遺族年金で月額8万をカバー、差額を収入保障で埋め合わせ
  • 団体信用生命保険に加入している前提、ローン残高は考えないが固定資産税や修繕費、管理費は生活費に入れる
  • 万が一時の教育費と遺族の生活費はお子様ができててから考える。
  • 病気と闘う費用として、入院や手術に対する備えも健康なうちに準備する。

大事にすること

  • これから必要な生活費、老後資金などの必要保障額を明確にして、目的別に加入
  • お子様が生まれるまでは貯金ができるチャンスです、強制的に貯蓄できる方法をかんがえて。
  • 現在加入中の保険期間がいつまでか、保険料は今後いくらになるのかを確認する必要あり

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
500万円 終身 47歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
10万円 64歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
一律20万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
お子様の学資金になる積立型の保険。47歳には積立終了。

[生活保障・家族収入保険]


[医療保障]


[追加すべき保険]
個人年個保険老後のために今から準備
月額保険料 20000円以上〜25000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 必要な生活費は29万×70%=20.3万円/月
  • 遺族年金で月額3万をカバー、差額を収入保障で埋め合わせ
  • 団体信用生命保険に加入している前提、ローン残高は考えない
  • 死亡だけでなく、現役世代の大病(3代疾病)による収入減のリスクヘッジを
  • 長期入院による収減のリスクヘッジを。現在の手取り給料から逆算して無駄なく準備

大事にすること

  • 収入保障保険で合理的に必要保障額を確保。
  • 現役世代の大病による長期入院や療養期間の保障を確保することが大切です。
  • 医療保険は高度先進医療にも対応した最新の保険を準備。
  • 保険料は更新のない定額のものを。
  • まずは本当に必要な保障やリスク対策が必要。生活を圧迫しない保険の加入をすると不安は解消されるでしょう

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
1000万円 終身 終身
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
10万円 60歳まで 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
15000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
特定疾病保障終身保険

[生活保障・家族収入保険]


[医療保障]高度先進医療


[追加すべき保険]特定疾病保険
月額保険料 20000円以上〜25000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる