TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
37歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:36歳 その他
月の手取り(被保険者)
36〜40万円
月の手取り(配偶者)
16〜20万円
世帯支出
36〜40万円
世帯貯蓄
500万円以上1000万円未満
住環境
持ち家
喫煙
喫煙
相談きっかけ
老後に活かせる保険を検討
現在加入している
保険の内容
主契約] 終身保険 300万円 保険期間:終身 払込期間60歳 [特約] 定期保険特約 2000万円  災害入院特約 日額1万円 10年更新 払込80歳まで
相談事情
私の保険は、老後も安心できる内容になっているのでしょうか。たくさん払っているので、いろいろとカバーされているのだとは思うのですが、よく分かっていません。
月額保険料
10000円以上〜15000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 必要な生活費35万×70%=24.5万円/月
  • 遺族厚生年金4万円/月
  • ご主人に万が一のことがあった場合、現在の仕事を続けて19万円/月の収入を確保する。
  • 奥様は90歳まで生きるとして必要額を算出する。
  • 収入と支出の差額分(余裕資金)の半分10万円以内で老後資金のための貯蓄と保障を組み立てる。

大事にすること

  • 老後に必要な資金や保障も考慮に入れ、老後に活かせる保障を組み立てる。
  • 将来、老後資金不足が予想されるため自助努力として死亡保障は、貯蓄のできる保険を選ぶ。
  • 医療保険など掛け捨てになる保険は、なるべく保険料を抑える。
  • 払込は、年金生活に入る前の65歳に設定し、払込満了まで保険料が変わらないようにする。
  • 現在の生活レベルは変えないで、収入と支出の差額(余裕資金)の半分以内で老後資金の貯蓄と保険料を考える。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
3000万円 終身 60歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
16万円 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
一律20万円
終身 65歳まで
その他補足 [死亡保障]
5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身で老後資金を貯めながら死亡保障を確保する。
65歳での解約返戻金 約2,348万円
現在加入中の保険は払い済み保険へ変更する。
[生活保障・家族収入保険]
最低支払保証期間:1年間

[医療保障]
生活習慣病120日、それ以外の病気・ケガ60日
先進医療特約

[追加すべき保険]
がん保険、介護保険
月額保険料 30000円以上

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 罹患率の高い三大疾病のリスクヘッジ
  • 貯蓄性のある商品で様々な用途に使用できる資金を貯める
  • 長期入院をした場合の収入減を医療保険でカバーする、夫婦で
  • 現在の保険は解約を前提だが、契約時期によっては終身保険300万円を残す

大事にすること

  • 三大疾病は生前にも保険金を受取れ、かつ、貯蓄率の高いものを選択することで老後資金も同時に貯める
  • 医療保険は、入院日数の短期化が進んでいるため、入院日額よりも一時金の充実した安価な保険を選択する。
  • できるだけ無駄を省き、手元にお金が残るプランへ。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
2000万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 65歳まで
その他補足 [死亡保障]
特定疾病保障終身保険。死亡・高度障害・3大疾病の所定の症状に対応/貯蓄率が高く、資金を同時に貯めていく


[医療保障]
長引く可能性の高い生活習慣病での入院はプラス60日の延長保障
先進医療にも対応  出来る限り安く  

[追加すべき保険]
月額保険料 30000円以上
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる