TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
54歳 男性 会社役員
家族構成
配偶者:51歳 その他
子供: 2 人
月の手取り(被保険者)
36〜40万円
月の手取り(配偶者)
4〜8万円
世帯支出
36〜40万円
世帯貯蓄
1000万円以上3000万円未満
住環境
賃貸
喫煙
喫煙
相談きっかけ
今の保険内容に不安を感じている
現在加入している
保険の内容
保険内容不明。
相談事情
何の保険に入ってるか、内容がわからないので、納得した保険に入り直したい。何が適切なのかを教えて欲しい。
月額保険料
15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • あと数年の間にマイホーム(マンション)を購入予定。
  • 末の子が大学を卒業するまであと4年は教育費がかさむ。
  • 会社の役員として70歳までは働く予定。
  • 万一の場合の家族の必要な生活費は40万×70%=28万円/月
  • 遺族年金で月額10万をカバー、差額を収入保障で埋め合わせ

大事にすること

  • マイホーム購入前に万一の事があっても、家族が安心して住める家は確保したい。
  • 2人の子供が大学をでるまでの資金は何とかしたい。
  • 夫婦とも医療保障は充実させたい。
  • 自分たちの将来の介護の問題には不安がある。
  • 掛け金の安さよりも内容を重視したい。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
定期保険 保証額 保証期間 支払期間
3000万円 10年 10年
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
18万円 65歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
マンションが購入できる前に万一があった場合に備えた掛け捨ての定期保険。予定どうり購入できたらこの保険は解約する。
[生活保障・家族収入保険]
遺族年金で不足する分は収入保障保険で 18万/月
[医療保障]
最新話題の先進医療もカバーしたい
[追加すべき保険]特定の要介護状態になったら介護年金が支払われる介護費用保険。
月額保険料 30000円以上

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • お子様の学費が最もかかる時期であることから、必要な生活費は30万円とする。
  • 遺族年金月額13万円。
  • 住宅の家賃分も考慮する。
  • 葬儀関連費用分も考える。
  • ある程度の医療保障は

大事にすること

  • お子様が独立するまでは
  • 万が一のことが起きても家賃
  • 更新タイプでは、将来保険料が上がるので、保険料が上がらないプラン。
  • 徐々に病気への不安が高
  • がん・先進医療にも対応。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
9万円 70歳まで 70歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
5000円/日
手術時
2.5・5・10・20万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
低解返金型。円保証で保険料が安い終身

[生活保障・家族収入保険]
年金支払い最長80歳まで

[医療保障]
がん診断時一時金あり
先進医療にも対応

[追加すべき保険]
月額保険料 30000円以上
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる