TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
45歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:44歳 会社員
子供: 2 人
月の手取り(被保険者)
36〜40万円
月の手取り(配偶者)
21〜25万円
世帯支出
36〜40万円
世帯貯蓄
100万円以上300万円未満
住環境
持ち家
喫煙
禁煙
相談きっかけ
今の保険内容に不安を感じている
現在加入している
保険の内容
[主契約]養老保険 100万円 保険期間:払込期間50歳[特約]定期保険特約 4000万円 入院医療特約 入院日額1万円 3大疾病保障特約で一時金 500万円成人病入院保証特約で入院日額10000円介護保障定期特約で一時金 100万円がん入院特約で日額1万円
相談事情
今の保険で本当にいいのか、不安になります。
月額保険料
15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 必要な保障額が、あと何年必要かを考えてみましょう。
  • 下のお子さんが13歳ですから、あと10年は保障が必要ですが、現在の保障はあと5年で切れてしまいます。
  • 主契約が50歳までですから、定期保険特約、入院保険特約、介護保険特約も50歳までです。
  • あと10年の死亡保障と、終身の入院保障、できれば終身の死亡保障が必要です。
  • 優先順位を決め、保険料と相談しながら見直していきます。

大事にすること

  • 10年間の必要補償額は、万一の場合の支出額から遺族年金などの見込める収入を引いて求めます。
  • 一定期間の死亡保障は収入保障保険で安く確保します。
  • 一生涯の死亡保障は、できるだけ安い終身保険で。各保険会社で比較しましょう。
  • 終身の入院保険も、1入院日数を短めにして安く確保します。
  • がんの保障もできれば確保したいです。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 終身
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
15万円 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
[生活保障・家族収入保険]
[医療保障]

[追加すべき保険]
がん保険
月額保険料 20000円以上〜25000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 養老保険以外の加入はないものとする。
  • 養老保険の満期(50歳時)で特約部分も消滅する。
  • 遺族年金月額16万円とし、生活費としての不足分は収入保障保険でカバーする。
  • 医療保障は終身タイプで長寿リスクに備える。
  • 健康状態は良好で加入条件に制限はないものとする。

大事にすること

  • 収入保障保険は非喫煙体料率での加入で保険料を抑える。
  • 入院給付金日額は最低限にし、特約で先進医療に備える。
  • 必要な保障を、なるべく少ない保険料で準備し、その分貯蓄率UPを心がける
  • 更新タイプは避け、支出を計画的に把握できるようにする。
  • 税制適格制度を利用した個人年金で税制メリットも生かしながら老後資金も準備する。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
200万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
10万円 55歳まで 55歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
5000円/日
手術時
5・10万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
低解約払戻金型。死亡・高度障害の所定の症状に対応
[生活保障・家族収入保険]
最低支払保証期間2年間
[医療保障]
特約で先進医療・ガンにも対応
[追加すべき保険]
特になし
月額保険料 15000円以上〜20000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる