TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
40歳 男性 会社員
家族構成
月の手取り(被保険者)
46〜50万円
月の手取り(配偶者)
0万円
世帯支出
46〜50万円
世帯貯蓄
1000万円以上3000万円未満
住環境
賃貸
喫煙
禁煙
相談きっかけ
老後に活かせる保険を検討
現在加入している
保険の内容
不明
相談事情
独り身なので、老後が心配です。
月額保険料
20000円以上〜25000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 独身で貯蓄も多いので、保険料は節約できる
  • 生きるための医療保険や、介護保険に重点を置く
  • 賃貸のため、家賃を払い続けるリスクを補う
  • 現在の保険料より節約できるプランを
  • 老後の不安を解消できる保険を選ぶ

大事にすること

  • 終身保険は、将来「年金」や「介護」の保障に切り替えることができるため、老後の安心につながる
  • 貯蓄が多いが、独身のため、老後の保障や医療保険に重点を
  • 貯蓄も多く、独身なので収入保障保険は、不要
  • 医療保険は、入院なしの手術や放射線治療・健康保険制度適用外の先進医療も保障
  • 終身保険は、将来「年金」や「介護」の保障に切り替えることができるため、老後の安心につながる

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 60歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
2.5〜20万万円
終身 60歳まで
その他補足 [死亡保障]
将来「医療」、「年金」や「介護」の保障に切り替え可能

[生活保障・家族収入保険]

[医療保障]
日帰り(1日)入院後の「通院」も保障
[追加すべき保険]
なし
月額保険料 15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 単身家庭なので万一の時の、遺族の生活保障は不要
  • 死亡整理費用は貯蓄より賄う
  • 老後資金は保険でなく貯蓄で準備する(その方が効率的)
  • 医療保障もある程度を確保する必要あり。
  • 医療保障は保険料が一生変わらないものを65歳で払い終える

大事にすること

  • 保障にかける費用は最低限に抑え、手元にお金が残るプラン
  • 万一のときのことより生きるリスクに備えましょう
  • 若いうちに一生続く最低限の医療保障を備えておく。保険料は変わらず、全て65歳で払い終える
  • 若いうちに一生続く最低限の医療保障を備えておく。保険料は変わらず、全て65歳で払い終える
  • 今の保険の内容をよく確認して生かす方向で見直しましょう

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
保証額 保証期間 支払期間
万円
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
5・10・40万円
終身 65歳まで
その他補足 [死亡保障]


[生活保障・家族収入保険]


[医療保障]
放射線治療・先進医療を受けたとき1回に付き10万円

[追加すべき保険]
月額保険料 5000円以上〜10000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる