TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
33歳 男性 個人事業主(自営業)
家族構成
月の手取り(被保険者)
〜20万円
月の手取り(配偶者)
0万円
世帯支出
〜20万円
世帯貯蓄
100万円以上300万円未満
住環境
持ち家
喫煙
喫煙
相談きっかけ
老後に活かせる保険を検討
現在加入している
保険の内容
[主契約]終身保険 500万円 保険期間:終身 払込期間55歳[特約]定期保険特約 1000万円 38歳で更新入院医療特約 入院日額1万円 手術給付金  10・20・40万円成人病入院保証特約で入院日額1万円がん入院特約で日額1万円3大疾病保障特約で一時金 500万円
相談事情
独身であるため、老後が不安です。生活が自力では困難になった時を見据えると、どのような保険の組み合わせを検討すべきなのでしょうか。
月額保険料
10000円以上〜15000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 55歳払い済みの終身保険はいい内容だと思います。
  • 1000万円の定期保険は、今後更新していくと保険料も上がります。必要でしょうか?
  • 入院保障も更新型だと保険料も上がり、終身の保障が確保できません。
  • 3大疾病保障特約は、更新していくと保険料のアップ率が高いのです。
  • 更新型の部分は、更新まで待たずに見直した方がいいと思います。

大事にすること

  • 老後のリスクに対応するためには、終身タイプの医療保険を。
  • 3大疾病の保障も終身で確保した方が安心です。
  • 一生涯の死亡保障(終身保険)、終身医療保険と3大疾病終身型を組み合わせます。
  • それに介護保障をプラスします。(終身タイプ)
  • 優先順位を決め、保険料を見ながら調整してください。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
500万円 終身 55歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障
[医療保障]
[追加すべき保険]
三大疾病保障保険
月額保険料 15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 世帯支出の金額から住宅ローンはないものとする。
  • 現在扶養しなければならない家族はいない。
  • 死亡保障は、葬儀費用程度準備する。
  • 医療保障は終身タイプで長寿リスクに備える。
  • 死亡保障を確保しながら資金準備もできるタイプを。

大事にすること

  • 更新タイプは避け、支出を計画的に把握できるようにする。
  • 加入年齢が低ければ保険料も抑えられるので、早めに医療保障は終身タイプで準備。
  • 自営業のため医療保障の入院給付日額は、収入補填の意味からも多めに確保する。
  • 死亡保障は扶養の家族が出来てから、改めて必要保障額を設定する。
  • 必要な保障を、なるべく少ない保険料で準備し、その分貯蓄率UPを心がける

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
200万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
低解約払戻金型。死亡・高度障害の所定の症状に対応

[医療保障]
特約で先進医療にも対応

[追加すべき保険]特になし
月額保険料 5000円以上〜10000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる