TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
39歳 男性 会社員
家族構成
月の手取り(被保険者)
〜20万円
月の手取り(配偶者)
0万円
世帯支出
〜20万円
世帯貯蓄
50万円以上100万円未満
住環境
持ち家
喫煙
喫煙
相談きっかけ
今の保険内容に不安を感じている
現在加入している
保険の内容
死亡保険金2000万円
相談事情
今の保険内容が適切か不安。独身なのだから、もっと安くても良いのではないか。
月額保険料
10000円以上〜15000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 扶養する人がいないのであれば、2000万円の死亡保障は多いと思います。
  • 但し、終身保険であれば貯蓄機能がありますので、予定利率にもよりますが続けた方が良い場合もあります。
  • 現在の保険が、定期型であれば見直し要です。
  • 死亡保障よりも、生きていくための保障、入院保険やがん保険などの保障を確保しましょう。
  • 将来結婚された場合は、保障内容を見直してください。

大事にすること

  • 保険は、誰に何があって、誰がどの位困るのかを考えて、保険の種類や保険金額を決めます。
  • 保険に加入する目的は何なのかを考えてみましょう。
  • 保険金額は根拠をもって決めます。
  • 独身の方であれば、死亡整理資金としての終身保険と、病気やけがをした時の保障を確保すればいいでしょう。
  • がんの保障もできれば確保したいです。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
500万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 がん保険
月額保険料 15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 住宅ローンはないものと考える。
  • 扶養しなければならない家族はいないものとする。
  • 死亡保障は、葬儀費用程度の金額を準備する。
  • 医療保障は終身タイプで保障が一生涯続くものを。
  • 最低限の保険料に抑え、計画的に貯蓄額をふやす。

大事にすること

  • 自分のための保障を中心に考える。
  • 入院給付金日額は最低限にし、特約で先進医療・ガンに備える。
  • 更新タイプは避け、支出を計画的に把握できるようにする。
  • 死亡保障は扶養の家族が出来てから、改めて必要保障額を設定する。
  • 死亡保障は、65歳以降年金受け取りも可能なタイプで設定する。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
200万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
万円
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
3000円/日
手術時
3・6万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
低解約払戻金型。死亡・高度障害の所定の症状に対応
[医療保障]
特約で先進医療・ガンにも対応
[追加すべき保険]特になし
月額保険料 5000円以上〜10000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる