TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
27歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:25歳 主婦(主夫)
月の手取り(被保険者)
46〜50万円
月の手取り(配偶者)
0万円
世帯支出
46〜50万円
世帯貯蓄
300万円以上500万円未満
住環境
賃貸
喫煙
禁煙
相談きっかけ
結婚する・結婚した
現在加入している
保険の内容
[主契約]終身保険 300万円 保険期間:終身 払込期間63歳[特約]入院医療特約 入院日額2万円 手術給付金 10・20・40万円3大疾病保障特約で一時金 500万円
相談事情
現在入っている保険でどこまでカバーされるのかがよくわかっていないので、相談に乗ってほしい。
月額保険料
5000円以上〜10000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 遺族に必要な生活費30万円×50%=約15万円/月とする
  • 遺族年金は6.5万円/月とする。本人死亡後、妻は、就職し、月15万円程度の収入を得るものとする
  • 本人死亡後の住居費については、妻の収入でカバーできるものとする
  • 病気やケガで入院して、預貯金を取り崩さずに済むように、医療保険の確保が必要
  • お子様の誕生等、今後ライフプランが変化した際には保障の見直しを行う

大事にすること

  • 遺族生活費は、遺族年金と妻の勤労収入で確保する。
  • 医療保障特約付加の場合、更新で保険料がアップしたり一生涯保障にできない可能性があるため、単体で加入。
  • 病気で入院するリスクは、高齢になる程高まるため、終身タイプの医療保障を。
  • 入院が長引くと、差額ベッド代等が大きな出費になる事もあるため入院日額10,000円を確保。
  • 60歳から65歳の間は公的年金の支給がないため、保険料が安い若いうちに個人年金保険で準備する。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
保証額 保証期間 支払期間
0万円 - -
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
0万円 -
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 60歳まで
その他補足 [死亡保障]

[生活保障・家族収入保険]

[医療保障疾病]
三大疾病時に一時金の給付があるタイプ

[追加すべき保険]
個人年金保険(60歳から5年間年額92万円を受け取るタイプ)
月額保険料 10000円以上〜15000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 必要な生活費は30万×60%=18万円/月
  • 子どもがいないので、遺族基礎年金は支給されない
  • 夫死亡時に妻年齢が30未満の場合、遺族厚生年金は5年間支給。カバーできない部分を収入保障で埋め合わせ
  • 賃貸のため、家賃を払い続けるリスクを補う
  • 万一の時、奥様は何らかの方法で収入を得る

大事にすること

  • 現在加入している保険の内容を確認し、不足しているものを認識する
  • 万一の時の最低限の死亡保険に加入
  • 奥様だけの収入では不足する可能性もあるので収入保障保険で生活費をまかなう
  • 保険料を節約し、貯蓄に回せるプラン
  • 医療保障は、終身保障だが、終身払いで保険料を節約

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 終身
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
10万円 65歳まで 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
一律20万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]
所定の高度障害状態になったときも同額の保障

[生活保障・家族収入保険]
保険金の受け取り方法を月払い・一時払いから選択可能

[医療保障]
入院の支払限度日数
1入院60日、通算支払限度日数:1,000日

[追加すべき保険]
なし
月額保険料 10000円以上〜15000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる