TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
40歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:40歳 会社員
子供: 2 人
月の手取り(被保険者)
36〜40万円
月の手取り(配偶者)
16〜20万円
世帯支出
36〜40万円
世帯貯蓄
50万円以上100万円未満
住環境
持ち家
喫煙
禁煙
相談きっかけ
保険の更新時期が近づいている
現在加入している
保険の内容
主契約(普通終身保険) 500万定期保険(15年満了) 2000万長期生活保障保険(15年満了) 年180万災害入院特約 日額 5000円手術給付金付き疾病入院特約 入院時 日額5000円 手術時は給付倍率をかけて得られる額通院特約 日額 3000円成人病入院特約 日額 5000円
相談事情
現在朝日生命に入っており、来年更新を迎えます。転換を進められていますが、納得がいきません。素人考えですが、終身保険はこのまま残すべきではないのかと思っております。我が家に合った保障を得たいと考えております。現在高1の上の子は薬学部を志望のため、大学は6年になる予定です。どうぞよろしくお願いいたします。
月額保険料
15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 奥様にも収入があるので、ご主人の保障額はさほど大きくなくても良い。
  • ご主人に万一の場合の遺族年金の概算は、子供が高校を卒業するまで月13―15万円、その後月10万円程。
  • 住宅ローンを組んで、団体診療生命保険に加入していれば、万一の場合にはローンがなくなり、家が残る。
  • サラリーマンで健康保険の保障が充実しているので、医療保障はさほど必要ない。
  • ご主人がタバコを吸わないので、非喫煙料率が適用になる商品に加入するのが合理的。

大事にすること

  • これからお子さんの教育費にお金が掛かるので、生命保険は保障を第一に、掛け捨てのものを中心に選ぶ。
  • 今ある保険の良いところは残し、更新のない合理的な保険を複数の保険会社の商品の中から選択する。
  • お子さんに教育費が掛かる間の保障を手厚く、それ以降保障が必要がなくなればその時点で解約する。
  • 医療保障は、支払われる保険金額が数十万円どまりなので、本当に必要と感じていなければなくてもよい。
  • がんのように、お金のあるなしで治療の選択に幅が出るものについては、保険で準備することも必要。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
15万円 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
5000円/日
手術時
5・10・20万円
65歳まで 65歳まで
その他補足 上記の他に、日額1万円のがん保険(終身保障/終身払)を加えて、保険料は月15,000円程度におさまります。現在の保障は、終身保険だけを残すか、払込みを止めて保障額を減額して残す「払い済み」という方法で対処するのが良いと思います。払い済みにして500万円に不足する分を上記のように新たに加入するというのが良いでしょう。タバコを吸わないのであれば、今の保障を更新するよりも保険料は安く上がりますし、定期保険ではなく、収入保障保険にすれば、同程度の保険料でも今の保障を厚くすることが可能です。
月額保険料 15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 共働き世帯であり、お子様の教育期間も10年以内に終わるので実態に即した保険提案
  • 奥様死亡時の遺族年金は期待出来ないが、会社からの死亡退職金や弔慰金を考慮する
  • 持ち家のローン・名義により残高を考慮する
  • 長く続けられる保障を確保
  • 終身の払込期間によりますが、終身だけ残して他を見直す前提

大事にすること

  • 医療保障は終身タイプで更新のないものを準備
  • 万一時の教育費を掛け捨てタイプの逓減定期で10年間確保
  • 遺族の生活費は配偶者が60歳になるまで確保金額は双方の所得と遺族年金等を考慮して試算
  • がんや先進医療が必要な場合も対応できるプラン
  • 余裕資金があれば、セカンドライフの生活資金や介護資金対策も必要

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
その他 保証額 保証期間 支払期間
4000万円 10年 10年
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
10万円 60歳まで 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
20万円
終身 終身
その他補足 逓減定期は20年前後で加入し途中で解約を前提収入保障保険は最低支払保証期間5年医療は先進医療に対応ご希望に応じがん保険も付保
月額保険料 10000円以上〜15000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる