TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
33歳 女性 その他・自由業
家族構成
月の手取り(被保険者)
36〜40万円
月の手取り(配偶者)
万円
世帯支出
36〜40万円
世帯貯蓄
300万円以上500万円未満
住環境
賃貸
喫煙
禁煙
相談きっかけ
その他
現在加入している
保険の内容
簡易保険(平成24年まで。既に払い込み完了)県民共済2種類
相談事情
現在独身であるが、今後どのような保険に加入すれば良いのか、5年程前に叔母が乳がんになったが、癌保険に入ったほうが良いのか?入るのであれば、どのようなものが良いか。
月額保険料
10000円以上〜15000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 現在独身の為、大きな死亡保障は必要ないでしょう。
  • 自由業はどの様な職種でしょうか?仕事が出来ない時の収入はどうなりますか?
  • 収入を確保出来るようにしましょう
  • 入院のリスクを考えましょう
  • がん等の大きな疾病には特に大きなリスクヘッジを

大事にすること

  • 死亡保障は基本的にはいらないでしょう
  • 貯蓄型の死亡保障で300万円から500万円
  • 医療保障は日額1万円で
  • がん保険は診断給付金と先進医療の保障があるものを
  • 将来の予定や目標で保障もかわります

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 60歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
0万円 -
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
一律20万円
終身 終身
その他補足 がん保険
月額保険料 10000円以上〜15000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 死亡リスクと生存リスクを分けて設計
  • 万一の事があっても、生活に困る方はいないと思うので葬儀費用程度を考える
  • 生存リスクは医療を中心に考える
  • 治療費のかかる成人病(特にがん)の補填を
  • がん保険は診断給付金が充実したものを

大事にすること

  • 保険料は一生上がらないタイプを選択
  • 葬儀費用は300万円〜500万円程度を準備
  • 健康保険では賄えない重大な病気には医療保険でカバー
  • 特に高額療養費制度で還付できない自由診療や先進医療に対応できるプラン
  • 負担を考え、60歳程度で払い終えるプランと終身払いを併用

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 60歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
0万円 - -
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
20万円
終身 終身
その他補足 医療保険は先進医療対応がん保険を追加で付保保険料次第では、介護保険や生前給付保険も検討
月額保険料 10000円以上〜15000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる