TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
53歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:56歳 主婦(主夫)
子供: 1 人
月の手取り(被保険者)
36〜40万円
月の手取り(配偶者)
0万円
世帯支出
36〜40万円
世帯貯蓄
300万円以上500万円未満
住環境
持ち家
喫煙
禁煙
相談きっかけ
保険料の節約を考えている
現在加入している
保険の内容
終身保険(平準保険料払込方式)保険料(2011年8月31日迄):¥31,120/月 契約日(始期):1991年9月1日 保険期間:終身支払 金額(死亡・高度障害、2011年8月31日迄) :¥51,620,000 (災害で死亡・高度障害、2011年8月31日迄):¥71,620,000 主契約 保険金額(1991年9月1日以降終身):¥6,620,000 (保険料払込部分:¥4,000,000) (転換価格部分 :¥2,620,000)付加されている特約定期保険特約-2011/8/31(65歳迄更新) 死亡保険金額:¥45,000,000 災害割増特約-2037/8/31(80歳迄) 災害死亡保険金額:¥10,000,000傷害特約本人・子型-2037/8/31(80歳迄) 特約保険金額:¥10,000,000災害入院特約本人・子型-2011/8/31(80歳迄更新) 災害入院給付日額:¥5,000(180日型)疾病医療特約本人・子型-2011/8/31(80歳迄更新) 疾病入院給付日額:¥5,000(180日型) ※2011年9月1日以降払込保険料増額以上です。
相談事情
終身保険を年金型にしたいので、御指導宜しくお願い申し上げます。
月額保険料
30000円以上〜40000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • ご主人に万一あれば遺族厚生年金として月に10万ほど支払われる。
  • ご主人に万一あっても家族はそのまま今のお住まいに住み続け住宅ローンなどは一切残らない前提。
  • 子供の教育費はあと2年か、もう既に準備済みという前提。
  • 少なくても60歳までは会社員として働き続け、年金が満額になる65歳までは働けるなら働きたい。
  • そろそろ死亡保障よりも年金や将来の医療、介護といった長生きするリスクも考えたい。

大事にすること

  • 毎月の保険料を今より下げたい。将来的にも保険料は上がらないようにしたい。
  • 将来終身保険を年金支払い型に移行する予定。現在の終身保険部分は率がいいので今のまま継続する。
  • 80歳以降生きた時のことも考えて医療保障は終身型にしたい。
  • 本人・子型の医療特約や傷害特約が付加されているが、子供単独の医療保険を検討する。
  • 非喫煙者割引、優良体割引など保険料を安くできる方法は全て検討したい。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
662万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
15万円 65歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 現在の主契約(終身保険)は継続し更新型の定期特約や医療特約は、できるだけいい保障を安くできる会社に見直しすることをおすすめします。
月額保険料 20000円以上〜25000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 遺族の生活費や学費などはあと数年間あれば良いと思います
  • 万一時の住居費は団体信用生命保険でカバー
  • 死亡保障は葬儀費用程度を確保
  • 生存リスク対策に移行する
  • 医療、介護の保障を重点的に考える

大事にすること

  • 現在加入中の終身保険部分を活用
  • 葬儀費用相当額(300万〜500万円)を現在の終身で活用するか、年金にするか協議
  • 奥様の死亡保障、医療、介護保障も同時に考える
  • 貯蓄とのバランスを考え、場合により一時払い商品も検討の余地有り
  • 治療費の高い先進医療やがん対策を行なう。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
0万円 - -
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
20万円
終身 終身
その他補足 死亡保障は葬儀費用相当額のみ(貯蓄次第では数年間の定期保険も活用)医療保険、がん保険も活用し、介護保険もご予算次第で検討
月額保険料 30000円以上〜40000万円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる