TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
35歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:30歳 会社員
月の手取り(被保険者)
21〜25万円
月の手取り(配偶者)
36〜40万円
世帯支出
21〜25万円
世帯貯蓄
50万円未満
住環境
持ち家
喫煙
喫煙
相談きっかけ
結婚する・結婚した
現在加入している
保険の内容
妻のみ加入。自己負担は0円、会社で日本生命、かんぽ生命の養老保険に500万ずつ加入しています。(10年満期/35歳まで)
相談事情
死亡保障は2,000万円必要。医療・がんも加入しておきたい。(妻も加入希望)ローンの返済もあるので、できるだけ月額を押さえたい。(月20,000円以内)また、住宅ローンは別途団信保険に加入をします。(保険料年額約200,000円。残高に応じて年額減少。35年間で総額2,500,000円)団信に代わる保険(保障2,500万円)があれば、ご提案ください。
月額保険料
5000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 住宅ローンの返済月額を10万円と仮定した場合の、団信よりも有利な保険を提案。
  • 団信は三大疾病保障ではないと仮定。住宅ローンが連帯債務ではないと仮定。
  • 必要死亡保障額を2000万円と仮定。(相談事情より)
  • がんを中心に、三大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)のリスク(収入減の)ヘッジ。
  • ほぼ同内容の保険であれば、安い保険を選び出す。適用できる割引は適用する。

大事にすること

  • ?団信の代わりに、保険金月10万円を35年後まで受け取れる、支払総額161万円の保険。89万円得
  • 上記?の保険は、5年毎に保険料(毎月の支払い)が下がっていく合理的な保険を選択。
  • ?死亡保障2000万円は、死亡時のみではなく、3大疾病時(生前中)にも受け取れる保険で準備する。
  • 入院日数が短期化された社会においては、1日いくらではなく、一時金の充実した保険に重点を置く。
  • 医療とがん保険は、先進医療を保障し、対象手術が幅広く、再発にも対応した安価なものを選択。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
その他 保証額 保証期間 支払期間
2000万円 10年 10年
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
10万円 35年
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
5・10・20・40万円
終身 終身
その他補足 その他、がん保険(診断時に100万円を受け取れ、先進医療/再発転移にも対応できる)を夫婦で用意。また、妻の医療保険(入院1日1万円の保障/先進医療保障)を用意。死亡(三大疾病)保障2000万円、医療(夫婦)、がん(夫婦)を全て合わせて、総額月々16209円で準備可能。団信に代わる保険は、月々4680円で準備可能。体格(BMI)により更に安くなる可能性有り。
月額保険料 15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 現在の共働き状態を続けていくのであれば、夫婦ともに多額の死亡保障は不要。(団信加入のケース)
  • 団体信用生命保険に加入した場合は、ローン残高は考えない。
  • 医療保険は、終身タイプで先進医療・通院にも対応。
  • ガン保険は、終身タイプで通院にも対応するタイプを。
  • ご夫婦ともに健康状態は良好で、加入条件はクリアできる。

大事にすること

  • 医療現場の実情に合わせ、医療保障・ガン保障に備える。
  • 老後に負担が大きくならないよう、保険料の支払いは更新型を避ける。
  • 養老保険の満期金(日本生命・かんぽ生命)を有効に活用する。
  • 死亡保障は、ご夫婦ともに最低限の額を終身保障で準備し資産形成する。
  • 家計全体の中で、資産と負債のバランスを再確認し、保障額を算定する。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
その他 保証額 保証期間 支払期間
200万円 終身 5年短期払い
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
0万円 0 0
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 死亡保障は短期払いにすることで、解約返戻金が6年目以降総支払保険料を上回るように設計。将来的に60歳以降(医療・死亡・年金・介護)の中から自分で選択可能。医療の現場では、一回の入院日数は短縮傾向。退院後の通院治療が増加傾向。これらを踏まえて設計。
月額保険料 10000円以上〜15000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる