TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
45歳 男性 会社役員
家族構成
配偶者:44歳 主婦(主夫)
子供: 3 人
月の手取り(被保険者)
71〜100万円
月の手取り(配偶者)
0万円
世帯支出
71〜100万円
世帯貯蓄
50万円未満
住環境
賃貸
喫煙
禁煙
相談きっかけ
保険の更新時期が近づいている
現在加入している
保険の内容
ニッセイ生きるチカラEX
相談事情
現在は日本生命です。付き合いで加入した保険のでしたが、もう義理立ての必要もなくなったので、見直しをしたいと思います。現在の保険料支払いをもっと下げたいと思っているというよりは、同じ保険料でもっと保障内容を費用対効果が高くできるはずだと思うので、そのあたりを相談したい。
月額保険料
15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 奥様や3人のお子様の保障をしっかり確保するために、ご主人様の死亡保障を第一に考える必要があります。
  • 保障額は、万一の場合の基本生活費、住居費、教育費から、見込まれる遺族年金を引いた額になります。
  • 必要保障額は年々減っていきますので、それに併せて保険金額も減っていくタイプの保険が合理的です。
  • 次に医療保障を、特にお金がかかるといわれている「がん」への備えは必須です。
  • 優先順位を決め、保険料を見ながら商品を選択していくプロセスが大切です。

大事にすること

  • 保険金額が減っていくタイプの死亡保障は、逓減定期保険又は収入保障保険が適していると思います。
  • 非喫煙型を選択することにより、保険料をかなり安くすることができます。
  • 血圧やBMIの数値が一定範囲にある場合は、更に保険料を安くすることができます。
  • 一生涯の保障として終身保険もあった方がより安心ですが、死亡保障が目的であれば変額タイプで。
  • がんの保障は終身で、使い道が自由で役に立つ診断給付金は複数回もらえるタイプがおすすめです。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 終身
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
25万円 65歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
7000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 「誰に何があって、誰がどの位困るのか」を考え、5歳のお子様が成人されるまでの期間の保障を、できるだけ効率よくしっかり確保することが大切です。保険会社により、保障内容や保険料はかなり違いますので、比較してみるといいと思います。医療保障は、高額療養費などもあり、又平均入院日数は年々減る傾向にありますので、何日入院していくらもらえるという考え方は修正する必要があります。がんの保障はできれば確保してください。先進医療特約は医療保険又はがん保険に付加しておくといいでしょう。
月額保険料 20000円以上〜25000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 万一時遺族の必要生活費は43万円×65%=28万/月とし、妻はパートで8万円程度収入を確保する
  • 遺族年金月額17.8万(第一子18歳未満時)〜15.3万(第三子18歳時)の範囲でカバー
  • 賃貸生活のままとし、夫は65歳まで働くものとします。
  • 子どもの教育費は幼稚園私立、高校まで公立、大学は私立文系とします。
  • 三大疾病のリスクヘッジを考えます。

大事にすること

  • 葬儀代程度を確保した終身保険に加入します。
  • 収入保障保険で遺族年金+妻のパート収入8万ではカバーできない必要保障額を確保します。
  • 医療保障は高額療養費制度加味(差額ベッド・食事代を除き一定額の医療費で済む)を加味
  • 医療保険は先進医療対応考慮、夫婦型特約は、夫万一時に妻の医療特約が消滅するリスクがある
  • 保険料支払は働いている間で終了するようにします。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
200万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
25万円 60歳まで 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
20万円
終身 65歳まで
その他補足 [終身保険]低解約返戻金型[生活保障・家族収入保険]月25万円(最低保証期間5年間)[医療保障]60日型、三大疾病120日型、先進医療対応[介護年金]終身払い、終身保障、介護年金額24万円、[追加すべき保険]妻 終身保険200万円(低解約返戻金型,65歳払い)妻 医療保険(入院日額5千円、女性疾病入院1万円、手術一時金10万、先進医療対応)介護年金給付月2万円
月額保険料 30000円以上〜40000万円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる