TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
50歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:45歳 その他
子供: 2 人
月の手取り(被保険者)
71〜100万円
月の手取り(配偶者)
9〜12万円
世帯支出
71〜100万円
世帯貯蓄
50万円以上100万円未満
住環境
持ち家
喫煙
禁煙
相談きっかけ
保険料の節約を考えている
現在加入している
保険の内容
掛け捨ての生命保険、掛け捨ての損害保険と傷害保険、生命保険、がん保険、コープ共済
相談事情
今、掛けている保険の重複を省いて、保険料の負担を軽くしたい
月額保険料
40000円以上

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 必要な生活費は約40万円。
  • お子様の年齢を考慮して十分な保障を。
  • 持ち家なので住宅費は考慮しない。
  • 死亡以外にも3大疾病、就業不能状態などにも対応できるような自由度の高い商品選びを。
  • 保障の重複や保険料の値上がりのしない定額保険料の商品を。

大事にすること

  • 医療保険に関しては、先進医療にも対応する最新のものを。
  • 3大疾病などの時は、診断時に大きい金額の受け取れるものを。
  • 何かあった時にも、何事もなかったときにも払っている保険料が無駄にならない合理的なプランを。
  • -
  • -

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
1000万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
30万円 65歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 -
月額保険料 25000円以上〜30000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 万が一時の遺族の生活費は40万円×70%で、ひと月当たり28万円
  • 遺族年金は第1子が18歳まで約15万、2子18歳まで14万、3子が18歳まで12万、差額を保険で
  • 持ち家で団体信用生命加入を前提にローンは考慮しない
  • 第三子の年齢が離れていて、ご主人様の年齢を考えると保障は長めに考えましょう。
  • 長生きのリスク、生きる為の保障も考えましょう

大事にすること

  • 掛け捨ての保険は将来の教育費等の負担増を考慮し保険料が上がらないものを選びましょう。
  • 遺族年金・団体信用生命を考慮し月当たり足りない13万円を収入保障保険で確保しましょう。
  • 収入の割りに貯蓄額が少なめです。教育費等支出も多い時期ですが、第三子の為に学資保険等も考慮。
  • 入院時に発生する収入減や医療費・雑費等のリスクを考慮し医療保険は日額1万円。
  • 特にがんの闘病はお金との戦いとも言われます。経済的理由で治療を断念する事の無いよう保険で・・・

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
その他 保証額 保証期間 支払期間
0万円 - -
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
13万円 65歳まで 65歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
20万円
終身 終身
その他補足 がん保険も終身保障で、積み立て型の保険で保障を備えながら貯蓄も増やしましょう。
月額保険料 30000円以上〜40000万円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる