TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
53歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:48歳 その他
子供: 1 人
月の手取り(被保険者)
46〜50万円
月の手取り(配偶者)
12〜15万円
世帯支出
46〜50万円
世帯貯蓄
3000万円以上
住環境
持ち家
喫煙
禁煙
相談きっかけ
保険の更新時期が近づいている
現在加入している
保険の内容
第一生命定期保険特約付き終身保険リード21平成2年11月1日契約。不通死亡・高度障害の時3000万円。一生涯保証300万円。積み立て配当金はそのままにしてあります。50万弱。
相談事情
保険料が年24万から43万に。この際解約して掛け捨てでもいいかな?と。ただ今まで払い込んだ450万はどうなるのかが気になっています。このまま払い続けていけば65歳まで1千万以上。ちょっと馬鹿らしいかな?それなら自分でためた方が得かと。もちろん健康ならばの話ですが・・。
月額保険料
20000円以上〜25000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 現在の定期付終身保険は、300万円の部分は積立型ですが、2700万円の定期保険は掛け捨て型です。
  • 300万円の終身保険部分について解約返戻金と配当金がたまっています。
  • 平成2年ご契約であれば、予定利率の良かった時なので終身保険部分はこのまま残すことをおすすめします。
  • 定期2700万円が今後必要かどうかですが、お子様の年齢から高額な死亡保障は必要ないかもしれません。
  • 奥様にどの程度の死亡保障を確保するか、又死亡保障よりは、医療保障、介護保障に重点をおくかです。

大事にすること

  • このまま続けるか、解約するかの選択ではなく、いい部分は残し、不要な部分は削る方法で考えて下さい。
  • 300万円の終身保険の上乗せとして、あと何年間かの死亡保障を安く確保されてはいかがでしょうか?
  • 死亡保障は、収入保障保険の非喫煙タイプを利用するとかなり安く確保できます。
  • その上で、ご夫婦の医療保障、がん保障などを考えられてはいかがでしょうか?
  • 医療保険、がん保険は保障が一生涯続く終身タイプがいいと思います。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
25万円 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 終身保険は現在のご契約を活用します。収入保障保険は保険期間を60歳までとしましたが、10年間でもいいかもしれません。非喫煙型を選んでください。がん保険は、診断給付金が役に立ちます。できれば、1回だけでなく複数回支払われるタイプがおすすめです。
月額保険料 20000円以上〜25000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 父親として保障しなければならない期間は数年程度。金額も数百万。
  • 会社の死亡退職金・弔慰金等で、父親としての保障は確保できると考えられます。
  • 持ち家なので、万一時の住居も団体信用生命保険でカバー。
  • これからは、死亡リスクよりも年金・医療・介護の生存リスクをカバー
  • 貯蓄を保険とミックスして、効率良い保険設計を考える。

大事にすること

  • 第一生命の終身保険部分300万円は、割安だと思いますのでそのまま継続。
  • 医療保障は、一生涯確保し、保険料が変わらないものを選択。
  • 貯蓄性の高い保険で、資産を取り崩すことの少ない保険設計を考える。
  • 3大疾病や介護状態の保障も考えたいですね。
  • がんは非常に治療費がかかりますので、診断給付金が再発でも受け取れ、終身保障を。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
500万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
0万円 - -
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
20万円
終身 終身
その他補足 死亡保障は、第一生命で残す300万円以外に、葬儀関係費用、生活立直し費用、緊急予備費用として500万円程度を確保。払込終了後は、解約して老後の生活費や介護費用に充てることも可能。
月額保険料 30000円以上〜40000万円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる