TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
34歳 女性 会社員
家族構成
子供: 1 人
月の手取り(被保険者)
〜20万円
月の手取り(配偶者)
万円
世帯支出
〜20万円
世帯貯蓄
50万円未満
住環境
賃貸
喫煙
禁煙
相談きっかけ
その他
現在加入している
保険の内容
相談事情
私は保険に入っておらず、こどもの学資保険しか入っていない為、自分にもしものことがあった場合こどものことが心配。
月額保険料
未加入

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 生命保険には未加入で、万一の場合の保障を検討したい。
  • お母さんに万一の場合、お子さんの面倒をみる人がいて、子供のための養育費としての保障を考える。
  • お母さんに万一の場合、お子さんが高校を卒業するまで、月約11万円の遺族年金が支払われます。
  • 学資保険については、お母さんに万一の場合は、保険料が免除になり、学資金が予定通り支払われます。
  • 最低限必要な保障を、できるだけ少ない保険料負担で。

大事にすること

  • お子さんが大学を卒業するくらいまでのお母さんの死亡保障を準備する。
  • お母さんが60歳になったであろうときまで、月々15万円が年金が支払われるもので如何でしょう。
  • ある程度の医療保障も欲しいと感じている場合は、日額5千円程度の医療保険も考えても良いでしょう。
  • 病気で治療費がかさむのはがんだと割り切れば、がん保険だけに加入するという方法もあります。
  • お子さんが成人して、死亡保障が必要なくなれば、解約して老後資金の蓄えに回すのが良いでしょう。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
定期保険 保証額 保証期間 支払期間
0万円 - -
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
15万円 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
5000円/日
手術時
5・10・20万円
60歳まで 60歳まで
その他補足 死亡保障+医療保障で、保険料は月5千円程度に抑えたいと思います。医療保険はどうしても必要ということはありませんので、まずは死亡保障の確保が優先されると思います。あれもこれも心配していると、保険料がいくらあっても足りませんから、どうしても必要な保障から確保されることをお勧めします。
月額保険料 5000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 必要な生活費は現在とほぼ変わらない前提(お子様がこれから食べ盛り、被服費などもかかるため)
  • 遺族年金で月額11万程度をカバー
  • 賃貸の為、万一時の住居をどうするかでプランが分かれる。(実家暮らしか、中古物件を保険で確保するか)
  • 病気や怪我に対する医療保険も検討
  • 現在保険支出が無いので、最低限の保障で準備する

大事にすること

  • 先ずは親として必要な保障を確保する
  • 将来保険料が上がらない、ずっと保険料が変わらないか、下がるもので準備する
  • 万一時の生活費、住居費は家庭環境を考慮して準備する
  • 医療保障は一生涯確保できるタイプで準備する
  • 治療費のかかるがんは診断給付金が再発でも給付される一生涯のもので準備する

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
その他 保証額 保証期間 支払期間
2000万円 15年 15年
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
5万円 60歳まで 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
5000円/日
手術時
10万円
終身 終身
その他補足 死亡保障:万一時の教育費又は住居費で逓減定期     生活費は収入保障保険で対応医療保障:がんの時には日額1万円、診断給付金付
月額保険料 5000円以上〜10000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる