TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
51歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:49歳 その他
子供: 1 人
月の手取り(被保険者)
46〜50万円
月の手取り(配偶者)
1〜3万円
世帯支出
46〜50万円
世帯貯蓄
1000万円以上3000万円未満
住環境
持ち家
喫煙
禁煙
相談きっかけ
保険料の節約を考えている
現在加入している
保険の内容
第一生命「リードU 5年ごと利差配当付終身保険65歳払済」をH9年契約→H19更新10年間 普通死亡2000万災害死亡2100万年 入院日額5千円
相談事情
2年内に子供就職予定なので、夫婦2人だけの医療保険を中心とした最低限の保険に切り替えたい。現在の保険をどのタイミングでどんな保険に切り替えればいいのかアドバイスをいただきたい。
月額保険料
20000円以上〜25000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • お子さんが独立なさるので多額の死亡保障はそれほど必要ない模様
  • 医療保障、介護保障、生存保障に重点
  • 医療保障は先進医療にも対応した保険とがんへの対応に重点
  • 介護保障、生存保障は貯蓄を軸に検討
  • 現在加入の保険の活かせる部分は活かしましょう。

大事にすること

  • まずは必要な保障、確保すべき保障を検討するところから始めます。
  • 次に確保すべき保障と現在の加入内容がそれに合致しているか点検(仕分け)します。
  • 点検の結果とご要望を踏まえ見直す必要がある場合見直し案を提示します。
  • 医療分野ではお金が掛かる代表的な疾病はがんです。がんや先進医療への対策も重視。
  • 医療保障は65歳(収入のあるうち)に払い終えてその後も一生涯保障を確保。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
500万円 終身 一時払
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
0万円 -
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
5000円/日
手術時
2.5・5・10・20万円
終身 65歳まで
その他補足 [医療保障]オールマイティな医療保険に加えて終身がん保険を追加
月額保険料 10000円以上〜15000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 現契約の内容からいたしますと、切り替えのタイミングは早ければ早いほど良いかと思います。
  • 現在の貯蓄額を十分に考慮し、一時払いや全期前納などを上手に利用。
  • ローン残があれば繰上返済がもっとも優先順位は高くなります。
  • 医療保険は先進医療にも対応する最新の商品を。
  • どのような病気でも対応出来るような医療保険の準備をして、それ以外は余力に応じて検討するのが合理的。

大事にすること

  • 長生きのリスクを一番に考えて、定額の安価な商品を。
  • 保障については貯蓄やローン残高を考慮して、全体のバランスを考える必要があります。
  • 万が一の時に、貯蓄を取り崩す事がないように。
  • 通常の代理店が案内出来ない非常に安価な商品も取り扱っております。
  • -

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
500万円 終身 全体のバランスを考えて
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
0万円 - -
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
20000円/日
手術時
20 40 80万円
終身 -
その他補足 -
月額保険料 10000円以上〜15000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる