TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
42歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:39歳 主婦(主夫)
月の手取り(被保険者)
21〜25万円
月の手取り(配偶者)
4〜8万円
世帯支出
21〜25万円
世帯貯蓄
100万円以上300万円未満
住環境
賃貸
喫煙
禁煙
相談きっかけ
結婚する・結婚した
現在加入している
保険の内容
相談事情
これから結婚を考えており、できれば、近い将来に子供もと思っております。
月額保険料
未加入

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 近い将来の出産後も視野にいれた、ファミリータイプの保険を考えましょう。
  • まず第一に保険に加入する目的は何なのかをしっかる考えてみましょう。
  • 誰に何があって、誰が困るのか。どの位困るのか。いつまで困るのか。是非一緒に考えましょう。
  • 病気やケガで入院して、預貯金を取り崩さずに済むように、医療保障の確保が必要です。
  • 奥さんの医療の保障についても別途検討を行いましょう。

大事にすること

  • ご主人に万一あったり、長期療養が必要になった時家族の生活が困窮しないような保障を考えること。
  • 万一の際の葬儀の費用や末期の医療費など死後の整理資金は全ての人にあっていい保障です。
  • 子育てが終了するまでは遺族年金の不足分を補う意味で合理的な収入保障保険でカバーします。
  • 病気で入院するリスクは、高齢になるほど高まるので、一生涯続く医療保険は必須です。
  • がんや三大疾病などには最新の保障内容で備えたい。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
変額保険 保証額 保証期間 支払期間
300万円 終身 65歳まで
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
15万円 65歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
10・20・40万円
終身 終身
その他補足 子供ができたら保険を見直すという人も多いですが、健康状態のチェックもありますので、今健康ならば今からファミリータイプで加入することをお勧めします。非喫煙者の割引を最大限活かせる保険がお徳です。
月額保険料 15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 必要な生活費は20万円前後。
  • 遺族年金を考慮して、差額を安価な収入保障や所得補償などを合理的に組み合わせて。
  • 今後の住宅のご事情に合わせて保険を考える必要があります。
  • 死亡だけでなく、長生きに対する準備も必要です。
  • 安価なだけでなく、変化する今後の生活に柔軟に対応できる保険を。

大事にすること

  • 万が一の時には、貯蓄を取り崩さないで対応出来る形に。
  • 万が一の生活に遺族年金を考慮して、月々20万円を最低確保。
  • 死亡だけでなく、長生きに対応出来る自由度の高い組み合わせで。
  • 先進医療にも対応可能な最新の商品を。
  • -

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
終身保険 保証額 保証期間 支払期間
500万円 終身 -
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
10万円 65歳から70歳ぐらいを。 -
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
20000円/日
手術時
20 40 80万円
終身 70歳
その他補足 -
月額保険料 5000円以上〜10000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる