TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
33歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:32歳 その他
月の手取り(被保険者)
21〜25万円
月の手取り(配偶者)
9〜12万円
世帯支出
21〜25万円
世帯貯蓄
50万円以上100万円未満
住環境
賃貸
喫煙
禁煙
相談きっかけ
保険料の節約を考えている
現在加入している
保険の内容
あいおい生命 1<主契約>積立利率変動型終身保険(低解約返戻金特則適用)<特約>特定疾病保障定期保険特約(災害、疾病入院特)2新収入保障保険
相談事情
最近、ネットでの保険など手軽な保険が増えているようなので今自分が加入している保険が高すぎると感じているとともに、絶対的な節約を考えている。
月額保険料
15000円以上〜20000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 死亡保障は遺族が生活に困る場合に必要でお子さんがいない場合はそれ程必要ないケースも。
  • 確保すべき保障の優先順位を考え医療保障、並びに休業補償の必要性を検討。
  • 医療保障は先進医療にも対応したものを。
  • 将来2分の1方ががんを患うとも言われます。がんのリスクヘッジも重視。
  • 月々の保険料は月収の10%以下が目安で5%以内に抑えると負担感が少なくなります。

大事にすること

  • まずは必要な保障、確保すべき保障を検討するところから始めます。
  • 次に確保すべき保障と現在の加入内容がそれに合致しているか点検(仕分け)します。
  • 点検の結果とご要望を踏まえ見直す必要がある場合見直し案を提示します。
  • 医療分野ではお金が掛かる代表的な疾病はがんです。がんや先進医療への対策も重視。
  • 医療保障は65歳(収入のあるうち)に払い終えてその後も一生涯保障を確保。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
その他 保証額 保証期間 支払期間
0万円 - -
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
0万円 -
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
5000円/日
手術時
2.5・5・10・20万円
終身 65歳まで
その他補足 [医療保障]がん保険を個別に追加
月額保険料 5000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 万が一時の家族の生活費は25万円×70%で18万円
  • 遺族年金はお子様がいないようなので考慮しません
  • 今後のライフプランを考えましょう
  • 入院のリスクは若い世代でも経済的リスクを招きます。若い内からよい保険に加入しましょう。
  • がん保険はいずれ加入する時が来るでしょう。いずれ入るなら若い年齢で加入した方が有利です。

大事にすること

  • 収入保障保険に加入していますが、今ご主人様に万が一の事が起こったら奥様は保険金が必要ですか?
  • 掛け捨ての保険は妊娠発覚後でも遅くないと思います。たとえ数千円でも貯蓄に回しましょう。
  • 終身保険は貯蓄と保障を兼ね備えますが、解約できない保険より目先の現金が必要な時期では?
  • 医療保険は若い今、加入するなら60歳払い済みの終身保障を
  • がん保険も払い済みか払い込み免除特約つきがお勧めです。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
その他 保証額 保証期間 支払期間
0万円 - -
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
0万円 - -
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
10000円/日
手術時
20万円
終身 60歳
その他補足 お子様の予定や住宅購入の予定など様々なシュミレーションでライフプランを考えましょう。
月額保険料 5000円以上〜10000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる