TOP | 他の人の相談事例 ライフプラン事例 詳細

他の人の相談事例ライフプラン事例 詳細

2人の保険アドバイザーが考えたライフプランを参考にすることができます。
不安や迷ったときは保険アドバイザーに無料で相談することもできます。

※当プランは、あくまで参考事例です。実際のほけんの個別相談につきましては、アドバイザーと直接会ってご相談ください。

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者)
31歳 男性 会社員
家族構成
配偶者:30歳 会社員
子供: 0 人
月の手取り(被保険者)
21〜25万円
月の手取り(配偶者)
16〜20万円
世帯支出
21〜25万円
世帯貯蓄
500万円以上1000万円未満
住環境
賃貸
喫煙
禁煙
相談きっかけ
子供が産まれる・産まれた
現在加入している
保険の内容
都民共済の一番安いプランに二人とも加入妻のみ独身時代からの定期保険。
相談事情
夫の死亡保障と終身医療保障を見直ししたいが、なるべくやすく抑えたい為。
月額保険料
5000円以上〜10000円未満

保険アドバイザーA のライフプラン

主な前提

  • 共働きで、お子さんが出来たということなので、ご夫婦共にある程度の死亡保障が必要。
  • ご主人に万一の場合は、遺族厚生年金と基礎年金が支払われますが、奥様の場合は公的保障がありません。
  • 賃貸であることを考えると、生活費の中で大きなウェートを占める住居費のことを考える必要があります。
  • 医療保障は、保障額も少なく、健康保険の保障が充実しているので、まずは死亡保障を優先すべきです。
  • 全ての病気やケガに備えるのではなく、お金のあるなしで治療の選択肢が変わるがんには備えておきたい。

大事にすること

  • お子さんが小さい今の保障を厚くするためには、収入保障保険が合理的です。
  • 必要保障額は、遺族年金の額月11―12万円に奥様の収入を足して、お子さんの教育費を計算して決めます。
  • 奥様の保障は、取り敢えず現在加入の定期保険で賄うか、ご主人と同じ収入保障保険が適当でしょう。
  • 保険料を抑えたいのであれば、入るべき保険も吟味する必要があり、まずは、死亡保障の確保からです。
  • どうしても医療保障が必要な場合は、終身に拘らず、取り敢えず60歳位までの定期をお勧めします。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
定期保険 保証額 保証期間 支払期間
0万円 - -
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
15万円 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
5000円/日
手術時
5・10・20万円
60歳まで 60歳まで
その他補足 上記の収入保障保険の保険料は、非喫煙健康体で月4千円程度です。保障額は、すぐに事故があって保険金が支払われるとして、一時金で4千万円程度になります。日額5千円の医療保障は、月1,400円程度で、終身ですと、月2千円ほどです。同じく奥様が収入保障月額10万円に加入すると、保険料は、月2千円程度です。
月額保険料 5000円以上〜10000円未満

保険アドバイザーB のライフプラン

主な前提

  • 必要な生活費は35万×70%=25万円/月
  • 共働きを今後も継続
  • 毎月の生活費は、遺族年金で月額10万をカバー。差額の15万円を収入保障保険で埋め合わせ。
  • お子様の教育費(公立で1000万円)の為にも死亡保障は必要。
  • 喫煙なしなので割引の可能性。

大事にすること

  • 病気で入院するリスクは、高齢になる程高まるため、終身タイプの医療保障を。
  • 医療保険は新しいタイプの保険が出てきたときに乗換がしやすいように。また保険料が安く済む終身払いに。
  • 先進医療が必要なときにも対応できる医療保険を選択。
  • なるべく安く保険料を抑える。
  • 収入保障保険は、非喫煙者割引や、健康優良体割引の適用があり保険料が割安になるタイプが好ましい。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
定期保険 保証額 保証期間 支払期間
1000万円 10年 10年
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証額 保証期間 支払期間
15万円 60歳まで 60歳まで
医療費として(医療保障)
医療保険 保証額 保証期間 支払期間
病気で入院
5000円/日
手術時
5・2.5万円
終身 終身
その他補足 [死亡保障]10年更新タイプの掛け捨ての定期保険で保険料を安く。お子様の教育資金確保として1000万円を確保。[生活保障・家族収入保険]非喫煙・健康優良体割引の適用があるものが好ましい。三大疾病が心配な場合は、三大疾病保険料免除特約をつけて、三大疾病になった場合に、保険料の払込が免除になるようにしても。[医療保障]先進医療特約は保険料も安いのでつけたタイプを。一般的な60日型[追加すべき保険]共働きで余裕があるようでしたら、定期保険の何割かを低解約型の終身保険や定期保険にして払込期間が終了後に解約した場合に払込保険料以外の金額が戻ってくるタイプにして老後資金をして使用しても)。保険金額は予算に応じて。
月額保険料 5000円以上〜10000円未満
ご自身のほけんについてアドバイザーに相談してみる