保険プラン事例

相談者属性情報

保険の対象者(被保険者) 本人(会社員)47歳 家族構成/年齢 妻(会社員)43歳
子供17歳
子供13歳
子供11歳
月の手取り(被保険者) ~20万円 月の手取り(配偶者) 12~15万円
世帯支出 21~25万円 世帯貯蓄 300万円以上500万円未満
住環境 持ち家 喫煙 禁煙
相談きっかけ 保険料の節約を考えている

相談事情

現在の保険内容と保険料に無駄がないか検討したいから

保険内容

医療終身保険がん入院保険特約 入院一日目から 日額10000円終身保険 保険金額10万円

月額保険料

15000円以上~20000円未満

アドバイザーの保険プラン回答

主な前提

  • 持ち家なので、住宅ローンがあったとしても、万一の場合には、団体信用生命保険で残高はゼロになる。
  • ご主人に万一の場合は、遺族厚生年金と基礎年金が支払われるが、奥様に万一の場合は遺族年金はない。
  • ご主人に万一の場合、支払われる遺族年金は、一番下のお子さんが高校を卒業するまで、月約12~15万円。
  • 保障の必要性は、遺族の教育費や生活費のことを考えると、死亡保障がまず第一で、医療保障は二の次。
  • 健康保険である程度手厚い保障が確保されているので、給付額の少ない医療保険は必ずしも必要ではない。

大事にすること

  • 現在の保障の内容を確認すること。
  • ご家族に必要な保障の内容とその金額を決定すること。
  • 遺族年金と奥様の収入を考えて、子供の教育費を中心に不足する金額を計算することが重要です。
  • 保障は、必要かつ充分な金額を確保し、出来るだけ負担の少ない非喫煙料率の商品を提案します。
  • 医療保障は、がん保険を中心として、本当に心配なものだけをカバーするような商品選びが重要です。

具体的プラン例

死亡整理費用として(死亡保障)
- 保証内容 保証期間 支払期間
0万円 - -
もしもの遺族生活費に(収入保障)
生活保障・家族収入保険 保証内容 保証期間 支払期間
10万円 20年 20年
医療費として(医療保障)
医療保険 保証内容 保証期間 支払期間
病気で入院
5000円/日
手術時
5・10・20万円
20年 20年

その他補足

上記に日額1万円のがん保障を、同じく保険期間20年として付加しても、保険料の総額は、月1万円程度です。お子さんにお金が掛かる現時点の保険料をなるべく抑えたいのであれば、医療保険の保険期間は、終身にこだわることなく、働き盛りの間の保障だけを取り敢えずカバーするのが良いと思います。

月額保険料

10000円以上~15000円未満